お知らせ

お知らせ

2022/10/31
法・西谷ゼミの学生がNIPPON FOOD SHIFTにてブース展示とトークセッションを実施【センター支援費第5種】

10/29(土)~30(日)に農林水産省主催で行われた「食から日本を考える。NIPPON FOOD SHIFT FES.東京2022」(東京・六本木ヒルズ)に法学部 西谷尚徳准教授のゼミ生が Z世代の「都市農業」教育実践に関して、ブース出展とトークセッションを行いました。

ブースでは有機栽培や食糧危機、都市農業が抱える問題や農業の6次産業化(第1次産業が製造・加工やサービス業・販売業も行う経営形態)について学生が調査したことを来場者へ配布した。

また小学生向けに食と農に関するクイズをおこない、多くの子どもたちに来ていただきました。

 

 

そしてトークセッションでは「『未来の食と農』教育プロジェクト」と題して、学生がフィールドワークや小学生向けに授業を行って感じたこと、今後の課題などについて発表しました。

未来の“食と農”についてZ世代としてどう課題に向き合っていくか、都内の農家さんへのヒアリングを通じて独自の目線で農業を捉える良い経験となりました。

ブース出展に集まる子どもたち

トークセッション

未来に向けた提言をする学生

お問い合わせ

立正大学研究推進・地域連携課(品川担当)

電話:03-3492-8152

E-mail:skenkyu@ris.ac.jp

ページの上部へ