研究推進に関する業務

1

研究体制における総合的な支援

研究全般についての相談や学内の教員同士をつなげること、
更には学内での学会開催補助など研究体制を総合的に支援します。

コーディネーターによる相談会

コーディネーターによる相談会
産学連携コーディネーター
研究推進・地域連携センターでは、研究者の構想を具現化するサポートを目指し、研究者のシーズと企業・自治体・NPO等のニーズをつなぐサポートを実施しています。知財創生・事業化支援・海外展開などでお悩みの方には「産学連携のコーディネーター」をご紹介いたします。
地域連携コーディネーター
本学が所在する品川区や熊谷市をはじめとする地域連携活動についても積極的に支援しています。「あの団体と連携して研究がしたい」「町おこしに興味がある学生とフィールドワークがしたい」といった地域連携に関するご相談については「地域連携のコーディネーター」をご紹介いたします。

学内研究者どうしのマッチング

学内研究者どうしのマッチング

普段中々接点を持つ機会のない研究者どうし学際融合を実現し、新たなシナジーを生み出すことを目指し、助成金を活用した他学部とのマッチング支援を実施しています。「自分とは違う学部で同じ方向性の研究を行っている方を紹介してほしい」「こんな研究をしている方と接点を持ちたい」「学内の先生方と助成金の公募にチャレンジしたい」など、さまざまなご要望に対応しております。

学会開催支援

本学で学会を開催する場合は補助金を支給します。以下の4点を満たす学会を開催する場合は、研究推進・地域連携センターへ申請ください。

  1. 日本学術会議協力学術研究団体
  2. 本学専任教員が加入している学会が主催する国際学会・全国学会(大会)
  3. 本学専任教員が主体的に運営に関わるもの
  4. 本学の教育研究に支障がないこと

申請書類

2

競争的資金獲得に向けた支援

科学研究費を代表とする競争的資金をはじめとし、
省庁・財団等の補助金や外部資金に関する情報を積極的に収集し、
資金獲得に向けたお手伝いをさせていただきます。

科学研究費助成事業

研究推進・地域連携センターでは科研費の適正管理の推進を行うとともに、応募から研究終了までの各種手続、資金管理、それらの相談窓口として先生方を支援しております。また、科研費獲得のためのサポートも充実させており、令和2年度は合計7,085万円の助成を受けました。

科学研究費採択状況

説明会の実施

科研費への応募、および科研費採択後に説明会を実施しております。

主なテーマ

科研費公募説明会の実施
  • 科研費の研究種目について
  • 審査方法
  • 応募スケジュール
  • 調書作成時の注意点
採択後の経理説明会
  • 科研費執行時における注意点
  • 立正大学における執行ルール
  • 倫理研修の受講

添削サービス

研究者の競争的資金の応募をサポートするため、研究推進・地域連携課内での調書確認のほか、申請書の論理構成や文章表現、費用算定などの添削やレビューコメントなどを外部企業に委託し、応募調書のブラッシュアップを行っております。

民間助成に関する情報提供

企業や公的財団法人等の助成情報を紹介いたします。都度更新いたしますので、定期的にご確認をいただけますようお願い致します。

3

学内研究助成支援

競争的資金獲得に向けたサポート、海外・地域に根ざした研究を支援することで、
大学の“知”を社会に還元します。

センター支援費

本学の学部間連携・地域連携の推進、公的資金による研究活動の推進・奨励を目的とした研究費助成制度として、下記の5種目を提供しております。

第1種
他分野融合・連携の共同研究
第2種
産学官および大学間連携のための共同研究
第3種
科研費申請の予備研究
第4種
外部資金への追加配分
第5種
学生教育を伴った地域貢献に資する事業

センター支援費採択状況

センター支援費年間スケジュール

図はスライドまたはスワイプでご覧いただけます。

センター支援費年間スケジュール

研究の国際化支援

海外への発信力強化を目指し、出版や英文校正費等を助成しております。本学における優れた学術研究成果を海外出版物掲載や研究論文の国際学会投稿によって、研究成果を世界へ発信・普及させることで、研究者の国際化のサポートを行っています。

TJUP研究支援費

熊谷キャンパスがある埼玉県東上地域での共同研究や地域連携を支援するサービスです。

対象
  • TJUP対象地域の他機関(産業界、国内外の大学、国・自治体等)と連携して行う共同研究
  • 学生を活用した地域連携・地域貢献に資する実践的教育活動

※TJUP:埼玉県東上地域大学教育プラットフォームの略称。東武東上線、西武線沿線に所在する 20大学・短期大学と自治体および企業から構成され、様々な連携事業を通じて地域の活性化を目指すプラットフォーム。立正大学は平成30年度より参画。

募集中の学内助成金
  • 研究国際化支援(出版刊行費・学術誌投稿費助成)
  • 研究成果公開促進費(出版刊行費・学術誌投稿費助成)

詳しくは下記の学内ポータルサイトをご確認ください。

4

コンプライアンス遵守に向けた支援

研究推進・地域連携センターでは、
文科省の「研究機関における公的研究費の管理・監査ガイドライン(実施基準)」に基づき
公的研究費の管理・監査体制を整備し、研究倫理教育や不正防止への対応を推進しております。

研究倫理教育

立正大学では、研究者の皆様、公的研究費の運営・管理に関する事務職員・技術職員等(非常勤を含む)に対して倫理の規範意識を徹底できるよう、研究倫理教育「APRIN eラーニングプログラム (eAPRIN)」を義務付けております。5年に一度以上の受講が必要となりますので必ず受講をお願い致します。

※ログイン時のパスワードについて、仮パスワードをユーザーID発行時にメールにて送信しております。

公的研究費の不正防止への対応

立正大学では、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン」(平成19年2月15日制定、平成26年2月18日改正)を踏まえ、公的研究費等を適正に運営・管理するための環境整備に努めております。

ページの上部へ