地域連携への取組

今日の大学に対する社会的要請は教育・研究活動にとどまらず、大学の持っている知的財産を広く地域社会へ還元することにもあります。
本学ではこうした社会的要請に応えるため、キャンパスが設置されている地域を中心に、
企業や自治体等と積極的な連携の取り組みを図っております。
これまで本学の研究活動がどのように企業や自治体等と地域連携に取り組んできたのか、
また本学の研究活動はどういったものかをご紹介いたします。
ご興味をお持ちいただき、地域活性化に役立てたいという企業様・自治体様等はお問合せいただければ幸いです。
また、学生の皆様で参加したいプロジェクト等がございましたら、お問い合わせください。

vol.1

終了

「しながわ夢さん橋」への参加

  • 実施時期:令和2年11月~(継続中)
  • プロジェクトの目的:品川キャンパス周辺の活性化
  • 参加者:参加を希望する有志学生、横田明菜地域連携コーディネーター、(一社)大崎エリアマネージメント

vol.2

終了

立正大学オリジナル
日本酒作成・社会発信
プロジェクト

  • 実施時期:平成25年~令和2年(継続中)
  • プロジェクトの目的:立正大学オリジナル日本酒の制作・発信
  • 参加者:毎年度10名程度の有志学生、権田酒造株式会社

vol.3

終了

まちなかリノベーションプロジェクト

  • 実施時期:平成29年5月~令和2年3月
  • プロジェクトの目的:東松山市中心市街地の活性化
  • 参加者:東松山市、立正大学・大東文化大学・東京電機大学・武蔵丘学園短期大学・山村学園短期大学の学生

お問い合わせ

ページの上部へ